フジプロのガス料金

フジプロのLPガス料金は「原料費調整制度」を採用し、原料価格の変動を適切に反映した公正な料金制度を採用しています。

「原料費調整制度」のご説明

> CP・TTSはこちら 
原油価格や為替レートといった外部要因で変動する原料価格を速やかにLPガス料金に反映させることにより、料金の透明性を高めるため、「原料費調整制度」を導入しています。

1.「原料費調整制度」について
原油価格や為替レートの変動等によるLPガスの原料費の変動に応じて、毎月LPガス料金の従量料金(1あたり単価)を調整する方式です。
2.従量料金の調整について
従量料金は、平均原料価格の変動と連動して調整します。
(1)平均原料価格を算定します。
前月CP($/トン)*1 × 前々月TTS(円/$)*2       ※1円未満は四捨五入します。
・CP*1、TTS*2 は、当社の本社窓口とホームページで公表します。 >こちら

*1 CP…
Contract Priceの略。LPガスの最大の輸出国であるサウジアラビアの国営企業(サウジアラムコ)が決定する、世界のLPガス輸出価格($/トン)のベース。
実際に日本に輸入される価格は、船賃・保険料等を加算した価格となります。
*2 TTS… Telegraphic Transfer Selling Rateの略。
三菱東京UFJ銀行の対顧客電信売相場(円/$)の月中平均(日本経済新聞)。
※1円未満小数点第二位を四捨五入します。
(2)平均原料価格の変動額を算定します。
(1)の平均原料価格(円/トン) - 基準平均原料価格(円/トン)
基準平均原料価格は以下のようになります。
基準平均原料価格 (平成20年6月現在) 88,724円/トン
基準平均原料価格を適用する変動額範囲 +476円/トン以下
-476円/トン以上
(3)調整額を算定します。
  (2)の原料価格変動額/1,000 kg/トン × 2.1円/   ※1円未満は切り捨てます。
調整額に消費税は含まれておりません。
平成20年6月現在の調整額は±0円/でした。
変動額が、変動額範囲を超えた場合や下回った場合、原料費調整を実施します。
原料費調整を実施した場合、当月の平均原料価格が新たな基準平均原料価格となります。
調整額と基準平均原料価格は検針伝票等でお知らせします。
お知らせの翌月検針分から、調整後の従量料金が適用されます。

標準的なLPガス料金(税別)

基本料金 従量料金

1,810円

使用量が0m3から20m3まで

357.70円/m3

使用量が20m3を超える

323.80円/m3

※上記料金は戸建住宅のお客様に適用される料金です。
※弊社より設備や配管の貸与がある場合等この限りではありません。

CP・TTSについて

 

原料費確認月 前月CP($/トン) 前々月TTS(円/$)
平成28年11月 340 103.00
平成28年12月 390 104.80
平成29年01月 380 109.10
平成29年02月 435 117.00
平成29年03月 510 115.80
平成29年04月 480 114.10
平成29年05月 430 114.00
平成29年06月 385 111.10
平成29年07月 385 113.30
平成29年08月 345 111.90
平成29年09月 420 113.40
平成29年10月 480 110.90



平成29年10月の基準平均原料価格は、47,628円/トンです。

*1 CP…
Contract Priceの略。LPガスの最大の輸出国であるサウジアラビアの国営企業(サウジアラムコ)が決定する、世界のLPガス輸出価格($/トン)のベース。
実際に日本に輸入される価格は、船賃・保険料等を加算した価格となります。
*2 TTS… Telegraphic Transfer Selling Rateの略。
三菱東京UFJ銀行の対顧客電信売相場(円/$)の月中平均(日本経済新聞)。
※1円未満小数点第二位を四捨五入します。